「大4.8ℓ小3ℓ」という節水型トイレ

足立区興野のOB様のお宅でトイレの改修工事をさせていただきました。

既存のトイレは腰高までタイルの壁でした。
両壁で4㎝ずつ程度出っ張っていて、トイレの空間が狭く感じているとのことでした。
タイルの壁は掃除も大変なのでタイルの壁を壊して欲しいとのご希望でした。
そして現状より少しでもいいから空間を広く出来たら嬉しいとのことでした。
タイルが出っ張っている分を壊して空間を広く出来ますとご提案をさせていただきました。

トイレ本体も汚れが落ちにくくなってきたのと、流れる水の量が多いから最近の節水型のトイレに変えたいとのことでした。

今回は「大4.8ℓ小3ℓ」という節水型トイレに変えさせていただきました。
リフォーム後にお客様に仕上がりを確認していただいたところ、「空間が凄く広くなったように感じる、圧迫感が無くなった」と喜ばれていました。
「流れる水の量も前のトイレとは全然違うね」とご満足していただけた様子でした。